Service

事業内容

E-Commerce

通信販売とは

通信販売とはカタログや新聞・雑誌、TV(テレビ)番組、インターネット等を通じで商品を宣伝し、電話やfax、
インターネット等により注文を受け郵便や宅配便で商品を発送する方法です。

Scale of E-Commerce

通信販売の規模

2007年度の通信販売業界全体の売上高は、推計で3兆8,800億円であり、対前年度5.4%の増加となっています。
(2006年度の売り上げ推計は3兆6,800億円)。
2011年度の通販市場では5兆900億と伸び続けています。
なお、食品・産直通販は2005年度276億あったものが今では609億までになっており伸び率が高いです。

Action

通信販売でのアド・テックの取り組み

E-Commerce

ネット通販

  • ECサイト構築
  • 注文画面の構築(提供)
  • 新規顧客獲得(広告提案)
  • 購入企画立案
  • 顧客状況分析
*
メリット
ネット人口の増加(年齢層も高くなっている※普及率79.1%)。「いつでもどこでも触れて買える」ので購入につなげやすい。
*
デメリット
他社との比較での購入が多くなるので、ブランド性やプレゼント品などの付加価値が重要になる。

Paper Mail Order

紙媒体通販

  • チラシ作成
  • 新聞原稿作成
  • チラシ折込選定
  • 新聞掲載選定
  • 結果データ確認
*
メリット
食品や健康食品通販のターゲット層は50代以上となっているため新聞掲載、チラシなどは特にターゲット層が高いと効果的となる
*
デメリット
電子化が進み新聞の部数が減少しているので、顧客獲得が難しくなっている。

TV Shopping

テレビ通販

  • テレビ番組制作(本編、スポット)
  • テレビ枠取り(放映ができる枠)
*
メリット
テレビ受信機の普及率はほぼ100%で、映像による販促で親近感に優れている。
*
デメリット
他メディアの普及で昔ほどの影響力はない、また局の収益確保のスペースとして使われていることもある。

PAGE TOP